関節 リウマチ 検査 治療 病院 何科

関節リウマチの検査や治療は病院の何科を受診すればいいのか?

スポンサーリンク

・病院の何科を受診すれば良いのでしょうか?
関節リウマチの検査、および治療には専門医の診断が必要です。
関節リウマチは早期発見が重要となる疾患ですが、その検査は難しいことで知られています。
そのため経験豊富であったり、最新の研究に関しても関心の深い専門医を受診することが大切です。
病院で何科にかかるかというと、リウマチ科もしくは膠原病科となります。
しかし内科や整形外科にも専門医がいる可能性もあります。
病院の科にとらわれずに、専門医がいるのかどうか確認する必要があります。
リウマチの専門医は特定の学会、もしくは財団の登録医である可能性が高いです。
日本リウマチ学会や日本リウマチ財団に問い合わせるのもいいでしょう。
もし自分で探すのが難しいと感じた場合は、かかりつけの医師に紹介状をもらいましょう。
専門医でないとしても、リウマチに関する知識は一般人に比べ深いのは間違いありません。
まずは相談して、専門医を紹介してもらうことも近道になります。
・関節リウマチの検査方法
関節リウマチは進行すると、関節の動きを重度に阻害してしまう恐ろしい疾患です。
しかし早期に発見し、処方することで発症を食い止めることができます。

スポンサーリンク

関節リウマチは主に血液検査により、検査が行われます。
血液検査ならばどの病院でも受け付けてくれそうですが、リウマチ専門医にかかるのがいいでしょう。
リウマチ因子と呼ばれるリウマチ症状に特異的な物質や、炎症発症時に発生するタンパク質などの量を測定します。
リウマチ患者でなくても検知されることはありますが、複数の指標となる物質を測定することにより検査の精度を高めています。
一つの検査結果だけにとらわれず総合的に判断することが必要となり、診断が難しいのです。
・関節リウマチの治療方法
関節リウマチは完全に治療する方法のみつかっていない疾患です。
これは自己免疫疾患であり、症状への対処が難しいことに起因しています。
そのため主な治療は関節リウマチの発症を抑えて、症状の進行を食い止めることになります。
進行を食い止めることで、関節の障害を避けることができます。
治療は抗炎症薬や免疫抑制剤を理由した、薬物治療がメインとなります。
発症原因の詳細は現在でも不明とされているため、対症療法により症状を抑えます。
またリウマチの治療薬は副作用が出ることもあり、薬剤の量はシビアに管理する必要があります。
ここでも専門医の経験と知識により、必要な薬剤の処方が決定します。
診断、治療ともに難しい疾患で専門医の力を借りる必要があります。

スポンサーリンク