リウマチ 遺伝 確率

関節リウマチが遺伝する確率は?

スポンサーリンク

・関節リウマチは遺伝するのか
遺伝子により発症確率の変化する疾患を、遺伝病と言います。
遺伝子は親から子へ伝わるものなので、親が遺伝病を発症していた場合は子も発症する可能性が高いです。
主な遺伝病に血が固まりにくい血友病、筋肉が弱ってしまう筋ジストロフィーなどがあります。
遺伝病の種類によりますが、遺伝子を持っていると確実に発症するとは限りません。
確実に発症しない遺伝病の一つに、関節リウマチが含まれています。
関節リウマチは遺伝子によりある程度発症が予測できる疾患です。
一方で遺伝子によらない、外的要因も大きな原因とされています。
・遺伝により発症する確率はどのくらいなのか
関節リウマチが遺伝により発症する可能性があります。
親が関節リウマチを発症している場合の、子供の発症率が高くなることが知られています。
しかし子も発症する確率は10%以下とされており、遺伝による要因だけが原因ではないことがわかります。
また遺伝子の全く同じ、双子の同時発症率は25%程度だと報告されています。
このように遺伝子はある程度の発症理由になりえますが、外的要因も大きな比重を占めていることがわかります。

スポンサーリンク

・関節リウマチ発症に関与する外的要因とは
主な外的要因はストレスであると言われています。
関節リウマチは自己免疫疾患です。
そのため免疫の異常を引き起こすようなものがすべて原因になると言えます。
その中でも大きいのはストレスです。
仕事や家事、人間関係に悩まされている人は免疫機能に異常を起こしやすいとされています。
またタバコも大きな要因であると報告されています。
肺がんなどの原因になることも知られていますが、タバコは免疫にもダメージを与えます。
関節リウマチ発症後は禁煙が推奨されています。
また予防の観点からも禁煙は非常に有効です。
・親が関節リウマチでも悲観的にならなくて大丈夫
関節リウマチは遺伝病ですが、親が発症していても子が必ず発症するわけではありません。
遺伝的要因がない人に比べると、発症リスクは高くなりますが悲観的になってはいけません。
気持ちが落ち込むと、免疫が弱ってしまいます。
関節リウマチを予防するためには、外的要因を軽減することが大切になります。
ストレスに感じていることを取り除くことは非常に大切です。

また健康的な食生活や運動、禁煙などにより免疫機能を高めることで十分に予防することができます。
発症を恐れずに、健康的な生活を目指しましょう。

スポンサーリンク