産後 リウマチ 治る

産後の関節リウマチは治るのか?

スポンサーリンク

・産後に発生する関節リウマチの治療
産後は関節リウマチにかかったという声も多くなる期間です。
通常の関節リウマチと違う点はあるのでしょうか。
実は産後に関節リウマチにかかりやすくなるという医学的根拠はありません。
産後の体力の消耗やストレスが、免疫の働きに影響するとも考えられていますが、直接的原因ではありません。
ですから、産後の関節リウマチは特別なものではなく、通常と同じ治療になると考えられます。
・治療の注意点
産後の関節リウマチであっても、症状は同じです。
異なる点は自身を取り巻く、環境です。
子育て期間中であるということは、体に負担をかける原因となりえます。
関節リウマチは自己免疫疾患なので、疲れやストレスにより症状が悪化することがあります。
・産後は症状が悪化しやすい
妊娠中は免疫機能が抑制されるため、関節リウマチの炎症が弱まることがあります。
そのため、産後になると症状が悪化することがあります。
妊娠中は気にならなかった関節リウマチが、産後に悪化することから産後の関節リウマチが増加すると思われているのかもしれません。

スポンサーリンク

産後の悪化は子育てにも非常に影響します。
周囲に協力を求め、治療と並行することが大切です。
・忙しくても治療は継続する
産後は子育てに追われることになります。
周囲が協力してくれても、今までの生活と異なり、非常に忙しくなります。
子供のことを思うがために、自分の治療を後回しにしてしまいがちです。
しかし関節リウマチの治療には、継続することと、油断しないことが大切です。
症状が一時的におさまったように感じても、実は症状が進行していることがあります。
このタイミングで治療を中断してしまうと、あっという間に症状が進行してしまうことがあります。
炎症が進んで、骨が障害されてしまうと回復が難しくなります。
子育てが長期戦になるように、関節リウマチの治療も長期戦になります。
長い目で見て後悔しないように、治療は継続しましょう。
・産後の薬の使用は?
妊娠中は胎児への影響を考慮して、使用できない薬剤も多くあります。
免疫機能が抑制されることから、薬がなくても症状が出ないことがありますが、治療は難しくなります。
しかし産後はお腹に胎児がいないため、薬の使用にある程度自由が出てきます。

症状が悪化しても、薬を適切に使用することで、対策ができます。
医師の処方の元に、根本的な治療に挑みましょう。

スポンサーリンク