関節 リュウマチの原因

関節リュウマチの原因とは?

スポンサーリンク

・関節リュウマチとは
関節リュウマチは自己免疫疾患の一つと考えられています。
自己免疫疾患は自分を守るはずの免疫が、自分自身を攻撃してしまう疾患の総称です。
詳しい原因は判明しておらず、治療法も確立されていません。
関節リュウマチも同様に、詳しい原因は明らかになっていません。
関連があると考えられる条件は幾つか挙げられていますが、必ず発症してしまうようなものはありません。
・関節リュウマチは遺伝病の一種
遺伝病とは遺伝子により、発症がコントロールされる疾患のことです。
代表的なものとして、血液が止まらない血友病、筋肉が縮む筋ジストロフィーなどがあります。
関節リュウマチも遺伝病の一種であるとされており、関連遺伝子を保持しているとリスクが高まるといわれています。
しかし遺伝子を保持することによりリスクの上昇は、遺伝子がない人に比べ10%程度と報告されています。
したがって、遺伝子による影響より、他の後天的な影響が大きいと考えられています。
・後天的な影響とは
後天的な影響とは、出生後に発生する影響のことです。
反対に遺伝のような決まってしまっていることを、先天的影響と言います。

スポンサーリンク

代表的な後天的な影響は、生活習慣やストレスといったものです。
先天的影響である遺伝子を変えることはできませんが、後天的影響は避けることができます。
生活習慣を改善したり、ストレスの原因を取り除くことが大切です。
・後天的影響は免疫機能に影響する
免疫機能は通常自らの体を守ってくれるものです。
しかし何らかの影響により不具合を生じると、自分を攻撃してしまいます。
こうした免疫の不具合は、生活習慣やストレスによる影響が非常に大きいです。
暴飲暴食や、栄養の偏り、ストレスは免疫機能を低下させてしまいます。
免疫は体の健康と密接に関係しているため、健康を保つことが関節リュウマチの予防になると考えられます。
・遺伝子の有無で悲観的にならない
もし自分に関節リュウマチの関連遺伝子があっても悲観的になる必要はありません。
気持ちが落ち込むと、過度なストレスを感じる原因になりがちです。
遺伝子よりストレスの割合が多いことから、先天的要因に惑わされないことが大切と言えます。
心が健康に保たれると、免疫機能も自ずと正常に働くようにできています。
気持ちを落ち込むことなく、前を向いて生活をしましょう。
前を向くことで、自然と健康的な生活を取れるようになります。

スポンサーリンク