関節リウマチ 難病指定

関節リウマチは現在、難病指定の疾患なのか?

スポンサーリンク

・関節リウマチは難病指定されていない
難病指定されている疾患は、国からの補助などのサポートを受けることができます。
治療費のかさむ関節リウマチについても、難病指定がされているのかはきになるところです。
以前は慢性関節リウマチと呼ばれていた、関節リウマチは難病指定されていません。
したがって、関節リウマチに罹患しても難病指定による補助は受けられないということになります。
また他の難病ほど治療が難しいとはいえません。
補助はなくとも、治療に精一杯取り組みましょう。
・悪性関節リウマチという疾患は難病指定されている
一方で、似た病名である悪性関節リウマチは難病指定されています。
悪性関節リウマチは、関節リウマチと全く異なった病態を持つ疾患です。
関節リウマチは全身の関節に炎症を生じる疾患ですが、悪性関節リウマチは血管炎を主症状とする様々な合併症を伴うリウマチ疾患のことです。
治療が難しいことから難病指定となっています。
自分のリウマチがどちらの疾患なのかよく把握しておくことで、難病指定に関するトラブルを避けることができると言えます。

スポンサーリンク

・難病指定されていなくても受けることのできる補助制度
関節リウマチが難病指定されていないことはわかりましたが、全く補助を受けることはできないのでしょうか?
実は難病補助以外にも、様々な補助制度があります。
関節リウマチの治療には、お金もかかるためこれらの補助制度を有効的に利用することが大切です。
代表的なものに、傷病手当金制度、高額療養費制度、治療用装具支給制度があります。
どれも治療費をある程度補助してくれるものになるので、専門家に相談してみるといいでしょう。
・治療薬は進化しています
関節リウマチは難病指定されていない要因の一つに、治療法が進化していることがあります。
近年、生物学的製剤と呼ばれる新しい薬剤が登場したことにより、治療効果が目覚ましく上がっています。
今までの治療では効果が出るまで、長い期間がかかっていました。
しかし生物学的製剤を利用することで、早ければ一ヶ月程度で痛みが治まることもあります。
難病指定されていない関節リウマチですが、治る見込みが大きいと捉えて、治療に臨みましょう。
補助を受けることこそできませんが、難病のように治療が難しいものではないのです。
お金より自分の体の健康が一番です。
じっくり治療して、健康な体を手に入れましょう。

スポンサーリンク