リウマチ 痛み止め 薬

関節リウマチの痛み止め薬

スポンサーリンク

関節リウマチで炎症が激しく、ひどい腫れで痛みを伴う場合には、炎症を薬で抑えるようにします。
関節リウマチの治療で使用する薬は、免疫に対して働きかける性質を持つ抗リウマチ薬と直接炎症に働きかけるタイプの抗炎症薬の2つのタイプに分けられます。
抗リウマチ薬では関節炎を引き起こす原因となる自己免疫の動きを抑えるものが中心となります。
また、抗炎症薬にはステロイド薬と非ステロイドタイプの痛み止めがあります。
炎症があまり感じられず、痛みも弱い場合には、非ステロイド系の消炎鎮痛薬を使用します。
非ステロイド系の痛み止めは炎症を抑えることができるため、効果が期待できます。
そして非常に即効性があるので、服用してから1〜2時間後には効果が現れだし、痛みが和らいできます。
関節リウマチ患者の方は関節の腫れや痛みに長時間悩まされているため、痛み止めを継続的に服用する場合があります。

スポンサーリンク

そういった場合には、副作用が現れる場合があります。
副作用としては胃潰瘍などの胃腸障害が起こりやすいとされています。
その為、胃腸薬と併用したり食後に服用するなどの注意が必要になります。
また、もう一つ注意しなければならない副作用に浮腫があります。
この浮腫は筋肉の少ない女性や腎機能が弱い人など主に高齢者に多く見られる症状とされています。
関節リウマチの治療でも最も広く使われているのがこの非ステロイド系の痛み止めになります。
しかし、即効性はあるものの、関節リウマチの腫れや痛みの原因となっている炎症を根本的に取り除くことは難しいとされています。
炎症が全身の関節に出ている場合には、非ステロイド系の痛み止めに加え、抗リウマチ薬も使用します。
さらに、非ステロイド系の痛み止めでは炎症を抑えきれない場合には、ステロイド薬を使用することになります。
ステロイド薬は重篤な胃腸障害を発症している関節リウマチ患者の方にも処方されています。?
ステロイド薬の効果はかなり劇的なものであり、炎症も痛みもすぐに治まるとされています。

スポンサーリンク