リウマチ 症状 手首の痛み 緩和

リウマチの症状である手首の痛みの緩和方法

スポンサーリンク

リウマチの症状がひどくて手首の痛みがあったり、指が上手く動かないということもあります。
リウマチの症状がひどいときには安静するようにしましょう。
できれば布団も関節や身体全体に負担を与えないタイプを選ぶと良いかもしれません。
そして痛みのある関節の局所の安静も大事なポイントです。
手首の痛みなどがあるときは、サポーターを使用する等、痛む箇所を安静できるように工夫することも大切です。
また、関節リウマチの症状である痛みを緩和するために、保温が効果的だとされています。
そのため身体を冷やさないようにすることも手首の痛みや関節の痛みを緩和する方法のひとつです。
関節は冷やすと痛くなると言われおり、特に寒い場所や寒い日というのは手首の痛みや関節の痛みが強く発生しやすいとされています。

スポンサーリンク

クーラーの使用も身体の体温を下げるので痛みが発生することがあります。
冷えの原因となっているのであればその場所を離れることも緩和のひとつです。
部分浴で関節を温めたり、湯たんぽ、使い捨てカイロを使ったりするのもお勧めです。
また濡らしたタオルをレンジで温めたものを痛みがある手首などの関節部分に当てることも痛みを緩和することが期待できます。
温めることは痛みの緩和に効果的とされていますが、関節が腫れて熱を帯びているようであれば、冷たいタオルなどで冷やすようにしましょう。
そして身体を動かすことも大切です。
身体を動かさないと、手首や足などの関節や筋肉が固まってしまい、リウマチ症状の悪化に繋がる恐れがあるとされています。
これは患者さんのかたでも苦手な方が多いのですが体を動かす事が重要です。
ステロイドなど強力な抗炎症効果があり、リウマチの痛みを鎮めるには効果的な薬があります。
しかし、様々な副作用やその依存性といった問題点も指摘されており、注意が必要です。
薬の使用には効果の反面、副作用が発生する可能性があるのです。
薬に依存しないためにも、日常生活でできる痛みの緩和方法を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク