リウマチ 食べ物 悪い

関節リウマチに良い食べ物と悪い食べ物

スポンサーリンク

関節リウマチの明らかに良いとされている食べ物、悪いとされている食べ物は未だ解明されていないと言われています。
ただステロイドを服用されている方は、糖尿病の傾向、肥満傾向、コレステロールの上昇などが起こりやすいとされています。
そのため過食や脂肪分の多い食べ物はあまり良くありません。
また、炎症による鉄欠乏貧血やステロイドにより骨がもろくなりやすいこともありますので、カルシウムと鉄分を含む食べ物を積極的に摂った方が良いとされています。
鉄分でしたらレバー、アサリ、ひじき、ほうれん草、小松菜などの食べ物、カルシウムでしたら魚介類や乳製品などが挙げられます。
関節リウマチに悪いというわけではありませんが避けたい食べ物はいくつかあります。
服用されている薬の効果を強めたり・弱めたりと相互作用を起こしやすいためです。
プログラフ、ネオーラル、サンディミュンを服用中の場合、文旦、スウィーティー、グレープフルーツ、などとの同時摂取とセイヨウオトギリソウを含むサプリメントの摂取は、薬の作用を強め副作用リスクを高くします。

スポンサーリンク

また、リウマトレックス、メソトレキセート、メトレートを服用中の場合は、海藻類や葉酸を多く含む青汁や過剰摂取も良くないとされています
薬の効果を弱める可能性があるためです。
身体に悪いと言われる砂糖入り炭酸飲料も避けた方が良いとされています。
砂糖入り炭酸飲料は関節リウマチリスクを上げる可能性があります。
関節リウマチでは、大半の方が血清リウマチ反応が陽性になります。
この血清反応が陽性になるタイプの関節リウマチは、砂糖入り炭酸飲料をたくさん飲む人ほどリスクが高くなるという研究結果が得られています。
この結果は55歳以上の女性を対象にしたものであり、55歳未満の女性の場合こうした傾向は認められていません。
また、この研究データによると、甘み付けを人工甘味料で置き替えたものでは、このような傾向は見られなかったようです。
いわゆるゼロコーラなどは、関節リウマチのリスクを上げる傾向は見られないということです。
現段階では砂糖入り炭酸飲料と関節リウマチのメカニズムは不明であり、なぜ砂糖入り炭酸飲料をよく飲むと関節リウマチを引き起こすのかということまでは解明されていません。
他にも一般的に身体に悪いと言われるたばこも関節リウマチの場合避けた方が良いとされています。

スポンサーリンク