リウマチ因子 高い 原因

リウマチ因子が高い原因について

スポンサーリンク

関節リウマチの症状を判断する原因として、リウマチ因子があります。
リウマチ因子とは、ヒトのIgGと呼ばれる抗体に対する自己抗体です。
正式な名称ではリウマトイド因子と呼ばれています。
このリウマチ因子は、血液検査でわかるとされています。
基準値は15mg/dl以下とされ、関節リウマチ患者の約70〜90%で基準値より高い数値を示しています。
医療機関によって多少の違いがある場合がありますが、基準値以上の高い数値であると陽性となるが多くなっています。
関節リウマチではリウマチ因子がの数値が高いことも原因とされ、関節リウマチの診断補助や関節リウマチ以外の関節炎を起こす疾患との鑑別の目的で用いられます。
リウマチ因子は自己抗体の一つで自己免疫疾患の患者に認められるタンパク質です。
関節リウマチを始めとした膠原病の原因は、その多くが自己免疫疾患です。

スポンサーリンク

また、この数値が高いほどが重症化しやすく関節の破壊が進みやすくなると考えられています。
しかし関節リウマチでなくてもこのリウマチ因子が陽性になることも確認されています。
リウマチ因子が陽性であると関節リウマチと勘違いされやすいですが、これは間違いだとされています。
関節リウマチ以外の膠原病やその他の疾患でも陽性を示すことがあります。
年齢が高いこともリウマチ因子の数値が高くなる原因とされ、高齢者の約10%の方も高値を示しています。
また健常者の約5%の方も高値を示しているとされており、リウマチ因子検査で関節リウマチと判断されることはありません。
アメリカリウマチ学会(1987年)では、リウマチ因子の陽性以外にも関節リウマチの判断基準を定めています。
朝のこわばりが1時間以上(6週間以上持続)、3ヶ所以上の関節の腫れ(6週間以上持続)、手、中手指節間関節、近位指節間関節の腫れ(6週間以上持続)、対称性の関節の腫れ(6週間以上持続)、手、指の特徴的X線変化、皮下結節、リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性の7項目中4項目以上当てはまる場合に関節リウマチを診断するとされています。
また、日本リウマチ学会(1994年)では、3ヶ所以上の関節で指で押さえたり動かしたりすると痛みを感じる、2ヶ所以上の関節に炎症による腫れがみられる、朝のこわばりがある、皮下結節(リウマトイド結節)が肘や膝にみられる、血液検査で赤沈の異常がみられる、またはCRPが陽性である、血液検査でリウマチ因子(リウマトイド因子)が陽性の6項目中3項目以上を満たす場合に早期関節リウマチを診断するとされています。

スポンサーリンク