関節リウマチは治るのか

関節リウマチは治るのか?

スポンサーリンク

関節リウマチは治るのかということは多くのリウマチ患者が不安を抱いています。
しかし現段階でははっきりと関節リウマチは治るのかはっきりとした答えがないのが現状です。
関節リウマチという病気は現在完全には解明されていません。
関節リウマチの発症原因の約40%が遺伝子によるものと推定されています。
残りの60%の原因は人体の免疫システムに加わる様々な環境ストレス因子だとされています。
遺伝子を変えることは難しいと言われています。
関節リウマチは治るのかは解明されていませんが、早期に発見し、注射と内服治療薬を組み合わせた治療を早期に開始すれば、寛解という第一目標は容易に達成することができます。
発症1〜2年以内に、国際的に標準レベルの治療を行えば、変形が進行したり手術になるようなことはないと言われています。
また、炎症が小さいうちであれば薬が必要なくなる可能性も高くなることが多くの研究で証明されています。

スポンサーリンク

適切な治療を行うことができれば、症状がほとんど出なくなって、生活にも支障をきたさない状態になる患者もいます。
しかし、現実では治療しているのに、なかなか痛みがとれない、変形が進んでしまったなどの改善が見られない患者も多く存在しているのも確かです。
膠原病の一種である関節リウマチはその原因が免疫の異常にあるということが解明されてきました。
自己免疫疾患と呼ばれているもので、何らかの原因によって免疫システムが自分自身を攻撃してしまう病気だとされています。
関節リウマチの場合、この免疫が関節を攻撃することで、滑膜が破壊されて痛みが生じるようになってきます。
しかし、その治療には難しいものがあり、完治できないとも言われています。
ただ、最近では医療技術や薬物の進歩が進んできている実情もあります。
関節の破壊は発症して2年程度で急速に進行することもわかってきており、治療方法も当初から有効な抗リウマチ薬を使用するようになってきています。
そのため以前に比べて症状の進行を抑えられ、完治は難しくとも寛解と呼ばれる状態になる場合が多くなりました。
関節リウマチは治るのかは最初の診断と治療開始が大きく影響していると言われています。
何らかの異変を感じたら、早めに診断してもらい、いかに早く適切な治療を開始できるかが大きなポイントになってくるのです。

スポンサーリンク