リウマチ 体重 減少

リウマチの症状である体重減少について

スポンサーリンク

関節リウマチは関節の腫れや痛みが特徴的なため「関節局所の病気」と思われることが多いと言われています。
しかし実際は、関節の症状以外にも全身症状も現れます。
関節の症状としては、関節の痛みや腫れ、こわばり、指の変形といった症状が現れます。
関節の痛みや腫れが特に現れやすいとされるのが手首や手足の指の関節であり、症状が左右対称に現れるのも特徴です。
こわばりは朝起きたときに最も強く感じると言われています。
一般的には30分以上続くとされていまが、使ううちに徐々に動かせるようになります。
指の変形は炎症が長期間続き、関節の組織や軟骨の破壊が起こるため現れるとされ、日常生活にも支障をきたすようにもなります。
全身症状として初期には食欲不振や倦怠感、微熱などの症状が現れます。
そのため発症後には体重が減少するリウマチ患者も少なくないと言われています。
関節リウマチが進行すると、体重減少や貧血というような症状も現れるようになってきます。

スポンサーリンク

多くの場合、病気が悪化する増悪の状態と、病気が落ち着いた緩解の状態を繰り返しながら進行していきます。
関節リウマチは、膠原病の中で患者数がもっとも多い疾患だと言われています。
膠原病とは、単独の病気ではなく、いくつかの病気からなる病気グループの総称です。
関節リウマチはその中のひとつとなり、関節が変形することが特徴です。
関節リウマチだけではなく、膠原病に共通する全身症状として、体重減少の他に発熱や非常に疲れやすいといった症状が現われることがあります。
膠原病が悪化する時にも、食欲が低下し体重が減少する場合があり、多くの場合、微熱を伴うと言われています。
食欲不振や微熱が続き、体重が減少し続けるといった症状が出た場合には注意が必要です。
膠原病以外の甲状腺の病気でも、食欲不振や体重減少といった症状が現れます。
また、膠原病患者が、甲状腺の病気であるバセドウ病や橋本病を合併することも多いとされており、体重減少の原因が合併症を引き起こしている可能性もあると言われています。
膠原病と同様にバセドウ病や橋本病も自己免疫疾患となります。

スポンサーリンク