リウマチ ではない 関節痛

関節リウマチではない関節痛

スポンサーリンク

関節リウマチは関節痛や関節の腫れというような症状が現れる病気です。
その症状が現れる関節は、手首や足首、手足の指の付け根、肘、膝などが多くなります。
これらの関節に炎症が起きることで、関節痛や関節の腫れが生じるようになります。
しかし、関節リウマチでは、関節以外にも症状が現れることがあります。
関節に出る症状には、三つ特徴的なものがあるとされています。
一つ目に起床時の手足のこわばりが挙げられます。 
朝起きた時に手や指がこわばり曲げ難い状態になり、身体全体にもこわばり感が現れることもあります。
二つ目は関節炎です。
関節を動かそうとすると激しい痛みが現れ、熱を持つようになります。
これらは手足や肘、膝などの関節に現れやすいとされています。
左右の両方に現れるようになるのが特徴的です。
三つ目は関節の変形です。
関節の腫れが続くと、骨なども破壊されて関節が変形してしまいます。
手足の指や手首が曲がってしまい、伸ばせなくなってきます。
関節痛や関節の腫れが現れると関節リウマチではないかと疑うかもしれません。

スポンサーリンク

しかし、似たような症状があるにも関わらず病院での検査でリウマチではないと診断されることがあります。
慢性関節リウマチの診断は、血液検査や臨床診断、X線所見などにより総合的に行われます。
同じ自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス、多発筋炎・皮膚筋炎、強皮症、結節性多発動脈炎などの膠原病は、関節リウマチと症状や血液検査の結果が似ていると言われています。
膠原病以外にも、関節の腫れや関節痛を伴う病気はたくさんあります。
その中でも症状的に間違えやすく、関節リウマチではない病気に変形性関節症や痛風が挙げられます。
変形性関節症は老化による関節変形が原因であり、年齢を重ねると伴に発生が多くなります。
痛風は高尿酸血症により、余分な尿酸が代謝されずに関節に沈着して起こる病気です。
発生が著しく多いのは男性であることも特徴です。
これらの病気は関節腫れや関節痛を伴うので関節リウマチと間違えやすいですが、発生原因などが違うため、検査を行うとリウマチではないと診断されます。
その他にも関節リウマチではないと診断される病気があります。
それは線維筋痛症です。
線維筋痛症は身体全体に激しい痛みが現れる病気です。
原因は不明ですが、全身の関節や筋肉などに痛みが現れるようになります。
この他の症状としては、逆流性食道炎や過敏性腸症候群などの自律神経的な症状、不眠やうつ病などの精神的な症状などを伴うこともあります。
線維筋痛症も関節リウマチと同様に発症するのは女性が多いとされています。
病院での検査でも異常がでることが少なく、その診断や治療には困難になる場合も多くなっています。

スポンサーリンク