リウマチ性多発筋痛症 難病指定

リウマチ性多発筋痛症は難病指定されているのか?

スポンサーリンク

・リウマチ性多発性筋痛症の症状と検査
リウマチ性多発性筋痛症とは主に50歳以上の中高年に、筋肉のこわばりや痛みを症状とする疾患です。
リウマチと名はつきますが、関節リウマチとは全く異なる慢性性炎症疾患です。
関節リウマチは主に身体の節々の関節に炎症を生じますが、リウマチ性多発性筋痛症は主に体幹に近い筋肉に炎症を引き起こします。
体幹に近い筋肉とは、肩から上腕、首やお尻、太ももの筋肉などです。
初期症状ではこれらの筋肉にこわばりや痛みを生じるところから始まり、発熱、だるさなどです。
その他に食欲がなくなったり、体重が減ったりと様々な体調不良をもたらします。
さらに進行すると関節の炎症へと変わっていきます。
しかし関節リウマチのように腫れてしまうほど強い炎症ではありません。
治療にはステロイド薬が用いられることが多く、予後は良好であると言われています。
はっきりした原因のわからない疾患であり、診断も難しいと言われています。
リウマチ性多発性筋痛症はその症状から、関節リウマチと混同されやすい疾患です。
関節リウマチと同じ膠原病に分類されています。
筋肉の痛みや発熱は、関節リウマチや感染症、ガンなどの症状に似通っているためしっかり見分ける必要があります。
そのため幾つかの診断基準が設けられており、見逃しを抑える取り組みが行われています。

スポンサーリンク

・リウマチ生多発生筋痛症は難病指定されていません。
リウマチ性多発生筋痛症は原因不明の疾患ですが、難病指定はされていません。
理由として考えられるのは、治療予後がとても良好であることです。
診断後に適切に処方されることで、症状はほぼ寛解します。
ステロイドによる治療がかなり有効であることで、難病指定はされていないようです。
・難病指定されていなくても注意しましょう。
リウマチ性多発性筋痛症自体は難病ではありませんが、合併症に注意が必要です。
難病指定されている巨細胞性動脈炎の患者のおよそ3割は、リウマチ性多発性筋痛症を発症すると言われています。
巨細胞性動脈炎は血管炎に分類される疾患で、高齢の方に多く発症します。
進行すると失明や脳梗塞、心筋梗塞に発展する恐ろしい疾患です。
原因は不明とされていますが、リウマチ性多発性筋痛症と同じくステロイドによる治療が有効とされています。
リウマチ性多発性筋痛症と診断された場合は、油断せずに最後まで治療することが大切です。
また巨細胞性動脈炎と診断された場合も治療を止めずに、医師の判断を仰ぐことが大切です。

スポンサーリンク