膠原病 症状 皮膚 かゆみ

膠原病の皮膚症状とかゆみについて

スポンサーリンク

膠原病の皮膚症状にはいくつか種類がありますが、かゆみが伴わないのが特徴とされています。
皮膚に紅い発疹が出る紅斑の症状は全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、混合性結合組織病、結節性多発動脈炎、スチル病、ベーチェット病などに現れるとされています。
また、全身性エリテマトーデスの初期症状である紅斑は蝶の羽のように両頬に拡がるため、蝶形紅斑とも呼ばれています。
かゆみはなく、鼻から両頬にかけて皮膚が赤くなることが特徴です。
皮膚筋炎の場合は、独特の皮膚症状に、ピンクまたは紅紫色の紅斑が上まぶたに出るヘリオトロープ疹があります。
また、手の甲側の指関節に、赤紫色やピンクのふくらんだ皮疹出るのも、皮膚筋炎の重要な特徴です。
この皮疹はゴットロン徴候とも呼ばれています。
膠原病の皮膚症状はかゆみは伴わないと言われていますが、皮疹は人によってはかゆみが伴う場合もあるとされています。
また、皮膚筋炎でも、蝶形紅斑が出る場合があります。

スポンサーリンク

その場合は全身性エリテマトーデスと多発性筋炎とが合併しているということも考えられるので、正しい診断が必要になります。
全身性エリテマトーデスでも似たようなの発疹が現れる場合があります。
全身性強皮症では、皮膚の硬化やレノイー症状、毛細血管拡張などの症状が現れます。
皮膚の硬化の場合は皮膚が硬くなり、物がつまみにくくなります。
レイノー現象は、手の皮膚が硬くなり指先の細い血管にまで血液が届きにくくなることで生じます。
また、冷たい水に手をさらしたりなどすると血流障害が起こり、指先が白く変化します。
指の末端のみが、発作的に白くなると言われています。
このレノイー現象は抗核抗体と並んで、膠原病を発見する契機となり得る重要ものとなります。
毛細血管拡張では赤いホクロのようなものが現れるようになります。
膠原病の皮膚症状は主に手や顔に赤い発疹が現れ、何週間も続きます。
いずれも他の病気との違いとしては左右同時に現れることや皮膚に異常が現れたとしてもかゆみを伴わないということが挙げられます。
これらは、軽症の膠原病を診断する際には特に重要とされています。
膠原病の診断には、抗核抗体の検査と皮膚症状が非常に重要となってきます。
かゆみの伴わない皮膚症状が現れ、膠原病かもしれないと言われたら、膠原病を積極的に診療している皮膚科へも足を運んだほうがよいと言われています。

スポンサーリンク