膠原病 初期症状 湿疹 かゆみ

膠原病の初期症状である湿疹のかゆみについて

スポンサーリンク

膠原病の初期症状で湿疹が現れる場合があります。
ただし、他の病気と異なり、かゆみがないのが特徴です。
かゆみは伴いませんが、膠原病の種類により、湿疹が現れる場所や湿疹の状態は、それぞれ異なります。
膠原病の症状のひとつである全身性エリテマトーデスは、全身性であるため、症状は全身に起こます。
異常を受けた箇所によって症状も変わってきますが、全身性エリテマトーデスに共通している初期症状は、蝶型紅斑と言われる顔に出る湿疹があります。
全身性エリテマトーデスの初期症状は発熱、関節の痛みなど他の膠原病と同様の症状が現れますが、発熱や関節の痛みのほかに皮膚の症状に湿疹が伴う特徴的があります。
全身性エリテマトーデスで現れる初期症状の蝶型紅斑とは、鼻の部分を挟んで両方の頬に蝶が羽を広げているかのような形をした赤い湿疹です。

スポンサーリンク

湿疹が出る場所が顔や耳、首などが主で、紫外線などの外的な刺激でひどくなり、容赦なく顔に紅斑が広がる為、目につきやすくなってしまいます。
膠原病の初期症状で、全身性エリテマトーデスの他に湿疹が見られる症状には、サルコイドーシスや乾癬性関節炎や、成人スティル病、シェーグレン症候群などの症状があります。
サルコイドーシスの場合は、初期症状は無症状である場合がほとんどであり、他の症状で診察を受けた際にたまたま見つかる場合が多い膠原病です。
サルコイドーシスの症状で見られる湿疹はかゆみを伴わず、赤く目立つと言われています。
乾癬性関節炎の場合には、もともと皮膚に乾癬様の症状があるのですが、乾癬様の症状の他に湿疹が混在することがあります。
そのため、子どもが乾癬性関節炎の症状になった場合は、初期症状では皮膚の症状が現れにくい傾向があります。
成人スティル病は、原因が不明の高熱が長期間続くことで見つかることの多い膠原病です。
ピンク色でかゆみがない湿疹が腕や胸部に見られます。
シェーグレン症候群は、口や目の渇きが特徴的な症状です。
皮膚も乾燥気味になっていくため、湿疹が見られることがあります。

スポンサーリンク