膠原病 皮膚 顔 湿疹 赤い

膠原病の症状である皮膚に現れる赤い湿疹について

スポンサーリンク

膠原病のひとつである全身性エリテマトーデスは、膠原病の中で関節リウマチの次に多いとされている病気です。
全身性エリテマトーデスは、様々な症状を伴います。
そのため、ほかの病気と区別がしづらく診断がつきにくいという特徴があります。
全身性エリテマトーデスの診断の決め手となる症状は、顔に現れる「蝶形紅斑」と呼ばれる赤い湿疹です。
顔の中央にある鼻を中心として、赤い湿疹が蝶が羽を広げたような形に現われます。
この蝶の形をした赤い湿疹が現われるのは、膠原病の中でも全身性エリテマトーデスだけであり、特有の症状となります。
そのため診断の決め手となるというわけです。
膠原病患者は、身体に皮疹が現れたことがきっかけで発症に気が付いたという人も少なくありません。

スポンサーリンク

皮疹とは、体の皮膚に現われるさまざまな湿疹・発疹の総称です。
膠原病が原因で体の皮膚に現われる湿疹は、多くの場合かゆみを伴いません。
色は赤いものからそうではない湿疹があり、湿疹の形も病気の種類や状態により様々です。
膠原病に共通する症状として、レイノー現象が挙げられます。
レイノー現象とは、身体や顔の皮膚が冷たい空気や水に触れた時、もしくは精神的なストレスを受けた時に、手や足の指先が白く変色し、やがて紫色から赤い色になり、最終的には元の状態に戻る現象のことです。
レイノー現象は、指先まで十分に血液が行き渡らないことが原因とされています。
膠原病患者は、血管内に炎症が起きていたり血栓ができやすいため、末梢血管が血行不良になりやすいという特徴があります。
全身性エリテマトーデスの発症原因は解明されていません。
しかし、日焼けが発症の引き金となることは解明されています。
日にあたると身体や顔の皮膚がかゆくなる、日光過敏症体質の人は注意が必要です。
顔面紅斑や頬の赤い発疹、手の皮膚に赤い湿疹が現れたり、顔や皮膚の皮疹が続く場合には、膠原病の疑いがあります。

スポンサーリンク