膠原病 症状 寿命 死亡

膠原病患者の症状と平均寿命、死亡率について

スポンサーリンク

膠原病患者の平均寿命は、日本国民の平均寿命をかなり下回っているのが現状だと言われています。
膠原病患者の平均寿命は、健康な人の寿命よりも6年〜9年短いとされています。
膠原病は、通常、直接的な死亡原因にはなりません。
しかし、発症初期の適切な薬物療法の有無が、死亡の時期を早め膠原病患者の寿命を左右する要因となっています。
そもそも膠原病は、単独の病気ではなく、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどいくつかの病気からなる病気の総称となります。
通常、病気とは特定の臓器に起こる疾患と認識されがちです。
しかし膠原病の場合は特定の臓器にではなく血管を含む結合組織に異常が起こる病気であり、関節痛が主な症状となる病気です。
それゆえ、膠原病はリウマチ性疾患であるとされており、かかる診療科はリウマチ科もしくは膠原病科となっています。
膠原病に中でも関節リウマチは有症率が一番高い疾患であり、関節の痛みや腫れ、身体のこわばりが主な症状となります。

スポンサーリンク

病気が進むにつれて、関節が破壊される症状が現われ、一度破壊された関節は元に戻ることはないと言われています。
病気が進行すると、関節が変形する症状が現われてきます。
そのため、発症初期の適切な治療が重要です。
それによって死亡のリスクを軽減させ寿命を伸ばすことが可能となります。
膠原病は根治療法が確立していませんので、治療の目的は悪化防止と症状の軽快になります。
不治の病と言われていますが、だからといって必要以上に悲観することはありません。
発症初期の段階で適切な治療を施せば、健康な人と変わらない寿命の膠原病患者は少なくありません。
近年、研究も進み、治療法も進歩していますので、確実にこの病気での死亡の可能性は低くなっています
ステロイド剤が治療に使われるようになる以前では、膠原病の5年生存率は20%程であり、寿命を期待できない病気でした。
ステロイド剤の登場によって寿命は延び、現在では5年生存率は90%を超えるようになってきています。
しかし、それでも全ての患者が長期生存可能というわけではなく、予後が悪くなってしまう場合もあります。
寿命を左右するのは、肺や心臓、腎臓、中枢神経などの障害がどの程度あるかです。
残念ながらこれらの障害が重篤な人の予後はあまりよくないと言われています。

スポンサーリンク