慢性関節リウマチ 初期症状 チェック

慢性関節リウマチのチェックに重要な初期症状

スポンサーリンク

・慢性関節リウマチの治療には早期発見が大切
関節リウマチは完治する方法のみつかっていない疾患ですが、早期治療が重要です。
関節リウマチは重症化すると、関節の変形が起こり治療が難しくなってしまいます。
関節の障害は完治するのが難しいため、早期に病気の進行を食い止める必要があります。
しかし関節リウマチの早期発見は非常に難しいのも事実です。
病院で検査するのはもちろんですが、自分の体調を細かく把握しておく必要もあります。
検査を受けた時には、関節リウマチがすでに進行している可能性もあります。
自分の身体が少しでもおかしいと思ったら、すぐに病院へ向かいましょう。
・慢性関節リウマチの初期症状は?
関節リウマチの早期発見のためには、初期症状を把握しておく必要があります。
以下のような初期症状を感じたら、病院で検査を受けてみましょう。
主な初期症状は朝の関節のこわばりや痛み、体がだるい、微熱、食欲不振、貧血などがあります。
しかしこれらの症状は風邪や疲労、インフルエンザなどのウイルス性の感染症の症状と似ているため見逃しやすいです。

スポンサーリンク

関節リウマチの初期症状を正確に感じ取るのは難しいでしょう。
初期症状に気づくために大切なのは、自分の体調の変化に敏感になることです。
少しの体調の変化でも見逃さないことが大切です。
体調不良を感じている時は関節リウマチでなくても、他の疾患が見つかる可能性もあります。
病院に行くのを面倒臭がらずに、その都度検診を受けることも重要です。
・初期症状のチェックの仕方は?
関節リウマチの初期症状は他の疾患と混同しやすいため、注意が必要です。
体調が悪い時は早めに病院に行くのが大切ですが、関節リウマチの発見に有効な初期症状もあります。
関節リウマチを自己チェックするには、関節の痛みや腫れを見ると良いでしょう。
朝の関節のこわばりや痛みは関節リウマチの最も現れやすい初期症状です。
また関節リウマチは左右対称に関節の腫れを生じることでも知られています。
関節リウマチによる関節の腫れは紡錘型で、弾力を感じます。
このような関節の腫れが、左右の手や指の関節に見られた場合は関節リウマチの疑いが強くなります。
最も腫れや痛みが起こりやすいのは、手指の第二、第三関節です。
その次が手首の関節ですが、足の指の関節にも腫れを生じる場合があります。
朝、起きて歩いてみた時に違和感を感じた場合も関節リウマチを疑いましょう。

スポンサーリンク